税理士の仕事内容と仕事の量、そして年収はどのくらい

経営者にとっては面倒な納税申告

会社を経営している人や個人で事業をやっている方にとって一番年度末に面倒で大変なのが納税申告と税に関しての管理ではないかと思います。
これに関しては会社にとってもっとも重要な申告義務であり、しかも日常の業務を行いながら期日に間に合わせなくてはいけないものなので経営者個人で行うことはほぼ不可能ではないかと思われます。
税務状況というのは会社の信用にもかかわることでもあり、正しく申告しなくては罰則を食らうこともあり厄介なことですが必ず申告しなくてはいけない義務になっています。
よって経営者の皆さんは税務に関することは然るべき有資格者に依頼をしてまかなっている場合がほとんどになってくるのではないかと思います。

個人で申請や管理はなかなか難しい

経営者自体が個人で税務管理を行っている例はよほど規模の小さな企業は別としてほとんど例がないのではないかと考えられ、大抵の企業が外部に依頼して管理を行っているのが現状だと思います。
特に納税に対する告書の作成などは専門知識がないとなかなか作成できないので、経営者個人がこれらを行うことは実質できないと考えるのが常識になっています。
したがって有資格者に税に関する業務を依頼して行ってもらう形になるというのが一般的なようです。
有資格者に依頼するというのは当然経費もかかりますし、企業の負担にはなりますがしっかり納税の義務を果たすという意味ではもっとも有効な方法かと思います。
こうして経営者は納税の義務を委託して行っているわけです。