税理士の仕事量と年収とは

税理士の仕事内容と仕事量とは

税理士の仕事の内容としては主なものとして税務書類と税務署に申請する書類の作成などがあり、例としては試算表、総勘定元帳、個人事業ならびに法人の決算書、法人税消費税地方税の確定申告書、所得税消費税の確定申告書、償却資産税申告書、法定調書など多数の書類作成があります。
さらに税務署への税務申告の代理業務や経営者に対する税務相談などがあり、経営に対するコンサルタント的な仕事もメインの業務として入ってきます。
最も税理士が忙しいのは決算時期で、複数のクライアントを抱えている税理士などは膨大な仕事量になるでしょう。
また決算期以外にも経営に対するコンサル業務があり、こちらに関しては年中欠かせない重要な業務といえあるでしょう。

税理士の年収は一体どのくらい

では税理士の年収は一体どのくらいになるのでしょうか。
クライアントの数やこなしている仕事数などもありますが平均で日本の税理士の年収平均は男性で約789万円、女性で約569万円といったデータがあり、男女で収入にかなりの開きがあることがわかります。
これらの年収に関しては結構税理士によって開きがあり、別のデータでは税理士の60%が年収平均1000万円以上を締めるといった結果もあるので、一般の仕事に比べると税理士の年収はとても高いことが分かります。
また資格を持った仕事なので定年というのがないので生涯現役というのも可能ですので生涯年収という面から見ると税理士の年収はやはりとても高いということが出来るでしょう。