税理士の大きな存在とは

税理士に業務を依頼して申告や管理を行う

税理士に税に関する業務を依頼することはたいていの企業が現在では行っており、ほとんどの税に関する仕事は税理士の手にゆだねられている状態になっています。
税理士は何件もの企業から依頼を受け税務に関するほとんどすべての業務を経営者に代わって行い、国に対する告書の提出や納税申告などほぼすべての業務を行っています。
税理士は国家資格ですので権限的には大きな権限を持っており、依頼された業務には絶対的な決定権があります。
また税理士は税に関する業務代行ばかりではなく経営者の税に対する対策等のコンサルタント業務も請け負っており、どちらかというとそちらをメインにして税理士に依頼をしたいと決定する経営者も多いようです。

税理士が企業に対して行う業務

税理士は起業から依頼された場合、税のことに関して企業が負う事柄のすべてを代呼応して行う形になり書類の作成や国に提出する告書の作成など税に関してすべての業務を代行して行います。
また税金対策や経営に関するアドバイスを行うコンサルタント業務も同時に請け負っており、こちらの業務の方を期待する経営者も多いようです。
また税理士はひとつのクライアントのみに属するわけではなく、複数のクライアント企業を受け持ち、企業の決算時には仕事量はものすごい数に上るといわれています。
また決算期以外でもクライアントである企業の経営者に経営に関してのアドバイスを行ったりしており、コンサルタント的な業務もメインの仕事になっています。
このように税理士は企業の中枢に置ける税に関する業務のすべてを経営者に代わって遂行しているのです。